« April 2006 | Main | August 2006 »

June 11, 2006

バラと和ろうそくの共通点は?

Photo バラの美しい季節です。ローマ・ミレーのホームグラウンドは埼玉県伊奈町、バラの名所でもあります。

バラの花は、切らなければ美しい花は咲かないといいます。私には、いつ、どこを、どういう風に切ればいいのか、分かりませんが?

和ろうそくの芯も切らなければ、明るい炎にはなりません。

和ろうそくの芯は、竹串に和紙を巻き、さらに、灯心(いぐさのなかご)をらせん状に巻きつけて作ります。そして、その周りに手でロウを付けていき、和ろうそくが出来上がります。

Photo_1 和ろうそくを点してみましょう。最初は、ロウが灯心を伝って上っていき、炎は明るく、きれいに燃え始めます。

やがて、灯心は炭化をはじめ、ロウの吸い上げが悪くなり、炎が小さくなっていきます。そして、炭化した灯心は、そのまま残っていき、炎はPhoto_2 残った黒い灯心のおかげで暗くなっていきます。

そこで、炭化した灯心を切ってあげると、また、明るい炎で燃え始めます。芯きりの道具もあるくらいです。歌舞伎の黒子に、芯切り役がいたと、書物で読んだこともあります。

つまり、バラも切らなければよい花を咲かせないし、和ろうそくの芯も切らなければ明るい炎で燃えないのです。

バラと和ろうそくに、こんな共通点があるとは、おもしろいですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2006 | Main | August 2006 »