« March 2009 | Main | October 2009 »

June 2009

June 07, 2009

ランタンキャンドルを作ろう!! =牛乳パックを使って③=

暦は、早くも6月。 まもなく夏至です。 夏至となればキャンドルナイト。

毎年、各地でキャンドルを灯して、地球に優しいエコについて考えるイベントが、開催されています。大きなイベントだけでなく、家族でも、電気を消してキャンドルを楽しむ人が増えています。

Photo 今回は、そんなキャンドルナイトにふさわしい、ランタンキャンドルの作り方を紹介しましょう。

* ランタンキャンドルの作り方!

Photo_3 1) 牛乳パックを半分に切ります。

2) パラフィン475gとパルバックス25gを計り、オイルポットに入れ、80℃くらいまで加熱し溶かします。パルバックスはパラフィンと混じりにくいので、良くかき回します。

3) 溶かしたワックスが65~70℃位に冷めたら、牛乳パックへ流し込みます。牛乳パックからワックスが、あふれないギリギリまで入れます。

Photo_4 4) 35~40分くらい経つと、表面には波波の膜が張り、壁が7~8mm位白く固まってきたら、洋食ナイフで7~8mm位の固まりに沿って、切れ目を入れます。

Photo_5 5) 切れ目を入れたら、牛乳パックを持って、中のどろどろしたワックスを、オイルポットにあけます。・・・このとき、中のワックスを無理してあけようとせず、逆さまにして自然にワックスが出なくなったら、また、牛乳パックを立てて、さらに冷まします。

Photo_6 6) ワックスが固くなったら、牛乳パックを破って、ランタンを取り出します。

Photo_7 7) プラスドライバーを少し熱して、ランタンの底から4~5cm位のところへ、刺して穴をあけます。(対面の2箇所へ) ・・・この穴が、ランタンの中でキャンドルを灯す時の、空気孔になります。

Photo_8 8) ランタンの底の中心から、釘(4cm位の長さ)を刺します。(釘も少し熱しておくと刺しやすい)・・・この釘が、キャンドル立てになります。

Photo_9 9) 完成!!

ランタンに、アクリル絵の具で、絵を描いたり、メッセージを書いたり、また、押し花を貼ったり・・・。 オリジナルランタンキャンドルになります。

10) さあ!! ランタンキャンドルを灯しましょう!! 

ランタンの釘にローソクを立て、点火です。・・・ローソクはお仏壇に使う、小さいローソクでOKです!! ステキなキャンドルナイトを!!

* 大切なこと

ワックスを加熱しすぎると、引火して、火災の原因になります。加熱中は絶対に目をはなさず、100℃以上にしないこと。天ぷら油と同じです。

オイルポットに残ったワックスは、絶対に排水に流さず、牛乳パックで作ったお皿に入れて、固めて保存しましょう。

使い終わったオイルポットは、熱いうちに、トイレットペーパーなどでふき取っておきましょう。 やけどに注意!

電磁調理器のない場合は、必ず、湯せんでワックスを溶かすこと。

ランタン用に使用したパルバックスは、強靭なワックスですが、キャンドルの燃焼用には適しません。残ったランタン用ワックスをキャンドル材料に使用しても、良く燃焼しないので、混ぜないようにしましょう。

*用意するもの

オイルポット、電磁調理器、温度計、はさみ、新聞紙、洋食ナイフ、バット(クッキーの空き缶でも可)、軍手、プラスドライバー、釘(4cmくらい)4本、仏壇用小ローソク

キャンドル材料:パラフィンワックス、パルバックス、

材料は、キャンドルファクトリー(http://www.candle-factory.jp/shop-zairyou.htm) にて、どうぞ!!

| | Comments (9) | TrackBack (0)

« March 2009 | Main | October 2009 »